HOME > 太陽光発電・オール電化

太陽光発電・オール電化

お客様が、ご理解ご納得して頂けるまで「疑問・質問」にお応えいたします!
今太陽光が注目されている理由

光熱費が抑えられる

太陽光は自宅で電気を発電するしくみになっているため、大幅に電気料金をダウンすることが可能です。
またオール電化と組み合わせることで、より効果的に電気を使用することができるので、さらに光熱費を抑えることができます。

「オール電化+太陽光発電」でお得な料金プラン
「オール電化+太陽光発電」でお得な料金プランのイメージ

日中はおもに太陽光で発電した電気を使い、日中以外はオール電化の料金メニュー「はぴeプラン」で、割安な電気を使います。余った電気を売って収入に(^^)v。1日の電気をかしこく使い分けることができるので、太陽光発電とオール電化の相性抜群です。

余った電力を電力会社に売ることができる

太陽光発電をする上で最大のメリットは、発電して余った電気を売電できることです。
太陽光は基本的に昼間に発電を行いますが、発電した電気を全て家庭内で消費できずに、余ることが多々あります。その電気を電力会社が買い取ってくれるのです。

今なら国、県、地方自治体から補助金が交付される

現在、太陽光発電システムを行うと国から補助金が交付されます。※地域によりましては、自治体から補助金がでる場合があります。
国からの平成25年度の住宅用の補助金は「太陽光システム/1kW」あたり15,000円、もしくは20,000円が交付されます。
     1kWあたりの補助対象経費        1kWあたりの補助金単価
         410,000円以下                 20,000円
         500,000円以下                 15,000円

災害時や停電時であっても電気の使用ができる

災害時や停電時であっても電気の使用ができるのイメージ

太陽光は自家発電になるため、最近よく発生している台風や地震などの災害による停電時にも、太陽が出ている日中であれば、発電した電気を使用することが可能です。

※太陽光のシステム自体は電気で動いているため、停電時は他の電気製品と同様に一度は停電します。そこから手動に切替えパワーコンディショナ付近にある非常用コンセントを使うことで、最大1500Wまでは電気を利用することが可能です。電気消費量が多いエアコンや数多くの家電製品を一度に使用することは出来ません。 ※製品より非常用コンセントがない場合があります。

遮熱・断熱効果がある

太陽光発電に使われるソーラーパネルが屋根の上に設置される形になるため、遮熱・断熱効果も発揮してくれます。
ソーラーパネルが夏は屋根への直射日光をシャットアウトしくれるので涼しく、冬は外部に熱を放たないようにしてくれるので暖かく過ごせるようになります。その結果としてエアコンの設定温度や使用率が節約につながっていきます。

お客様が、ご理解ご納得して頂けるまで「疑問・質問」にお応えいたします!

なぜ今、産業用太陽光が注目されているのか?

地域環境へ貢献

省エネ・節電対策が可能

2012年7月1日より「全量買取制度」開始 平成25年度売電価格

↓
産業用太陽光発電の設置事例はこちら
安心の太陽光設置までの流れ

太陽光発電導入までの流れ。

オール電化

オール電化

オール電化のイメージ

オール電化とは、使用するエネルギーの全てを電気でまかなうことです。従来、料理に使うコンロ、湯沸しに使う給湯機などは、ガスを使用するものが主流でした。

ガスコンロを「IHクッキングヒーター」に、ガス給湯機を「エコキュート」に切り替え、電気によるエネルギーに一元化する「オール電化」にすることで、環境にやさしいエネルギーの利用、住む人にとっても安心・快適・経済的な生活を送ることができます。

オール電化のメリット

オール電化のお得な料金プラン

はぴeタイム【季節別時間帯別電灯】

家族団らんの時間帯「リビングタイム」と夜「ナイトタイム」の電気料金が通常より割安になる料金メニューです。
※給湯を電気にして頂いた方

はぴeタイム料金イメージ(金額は1kWhについて)
はぴeタイム料金イメージ(金額は1kWhについて)のイメージ

※通常料金単価とは(従量電灯A)第2段階適用単価

はぴeプラン

給湯・キッチン・冷暖房など、家の中の熱源すべてを電気にしていただくと、「はぴeタイム」料金がさらに10%お安くなります。
(割引上限額は1ヵ月につき3,150円です)
※給湯だけでなく、IHクッキングヒーターも電気にして頂いた方

はぴeタイム料金イメージ(金額は1kWhについて)
今すぐ知りたいお客様におすすめ 光熱費シミュレーション