スタッフBlog

2017年9月29日 金曜日

つぼちゃんブログ

今日は最高の秋晴れでしたshinesunshine本日、先週に塗装工事が完工した京田辺市の I様邸の完成見学会です。以前より、塗装後の仕上がりを見学したいとの希望があり実現しました。sign03 塗装後の外壁は、新築みたいな仕上がりで、特に撥水の実験では、「こんなに水を弾くのー」houseshine 奥さんの目が輝いていたのがshineeyeshine印象的です。この次は、精華町光台で行います。お近くの方 ご一報を 塗装工事にはショールームがありませんので、興味のある方は、是非お越しください。                                                                         プロタイムズ木津川店 大坪 洋一
 


 

記事URL

2017年9月25日 月曜日

屋根工事

プロタイムズ木津川店松岡です。


今回は瓦の葺き替えのついでにお家のてっぺんの棟部分に換気棟を設置しました。


屋根裏の換気をするための換気口は軒裏などにもともとついているのですが、暖かい空気は上に上がっていくので屋根裏の環境をより良いものにするためには換気口を出来るだけ上に設置する方が効率が良いのです。

屋根裏の環境を改善することで、お家の痛みを抑えることもできるので,屋根の
メンテナンスの際に換気棟の設置を検討してはいかがでしょうか?

松岡

記事URL

2017年9月22日 金曜日

屋根・外装劣化診断調査

こんにちは、プロタイムズ木津川店 中村ですdelicious

本日は雨のせいか、少し寒いですねcoldsweats02

皆様風邪wobblyなど引かれなよう、体調管理にはお気をつけくださいconfident


しかし、昨日は今日とは違い、蒸し暑かったsadsweat01

そんな中、木津川台のお家へ外装劣化診断調査へ

お伺いいたしましたhappy01

今回は屋根を10年前に塗装している某ハウスメーカーのお宅で、

外壁が気になるとの依頼でしたが、診断の結果は...

皆様は、意外に思われるかもしれないですが、

屋根の劣化の方が進んでおりましたcoldsweats02

屋根はお家にとって一番大事な箇所ですが、

普段は見られない場所でもあります。



外装劣化診断士の見解では、やはり劣化のスピードは

壁よりも屋根が早いとのことでしたdespair

なぜ、屋根と外壁では劣化のスピードが違うのsign02

と疑問に思われた方は一度、外装劣化診断をされてみませんか?


プロタイムズ事業部 中村




記事URL

2017年9月20日 水曜日

つぼちゃんブログ

image2 image1

外装劣化診断士の大坪です。本日は、精華町精華台に来ております。上の写真は、屋根材(スレート瓦)に水を吹きつけています。何故 sign02sign02と思いますよね。屋根の一番の役割は美観は別として雨(水)を建物に入れない事です。一般的に屋根材が割れたりすると雨漏れを起こすと思われがちですが、実際は屋根材が割れなくても、雨(水)は建物に浸透します。この点も何故 sign02sign02かと言うと水は表面の撥水が低下しますと本体に吸水します。本体からの水分は「夏場は湿気」snow冬場は結露となり屋根下地に温度と一緒に伝えます。これが屋根自体を早急に劣化させる一番の現因です。特にスレート瓦は早めの塗装が屋根材を長持ちさせますので、出来るだけ早い塗装が望ましいいす。 
 プロタイムズ 木津川店 外装劣化診断士 大坪
                                


 

記事URL

2017年9月19日 火曜日

塗料の納品♬

プロタイムズ木津川店松岡です。

本日は塗装工事現場に塗料の搬入をしてきました。



塗料にはメーカーから指定された塗布量(1㎡を塗装するのに使用しないといけない量)というものが決まっております。

しかし塗装工事の業者さんの中には指定された塗布量を無視して、少ない材料で施工をしてしまっている業者さんもいるようです。

塗布量を無視して施工をすると、塗料が本来持つ耐候性を発揮できずに『10年以上持つはずの塗料が、6~7年でダメになってしまった』
なんてことになってしまいます。

工事が終わった直後では外壁を見ても綺麗に塗装された後では塗布量が守られているのかどうか見分けがつきません。

そこでプロタイムズ木津川店では、現場で使用する塗料をお客様のご自宅に一括納品し、工事終了までお客様のご自宅で管理させていただくことで、弊社スタッフはもちろんのことお客様自身でもどのくらいの量の塗料を使用しているかわかるようになっております。

※シンナー等の溶剤を使用している塗料は安全上の都合で持ち帰らせていただいております。



きちんとした業者さんであれば上記のような事も対応していただけるはずなでこれから塗装を検討される方は、御見積りの際に確認してみてはいかがでしょうか?

松岡

記事URL