スタッフBlog

2013年4月30日 火曜日

ゼンハツ.jp 木津八色市場(イベント)

image3
image4image5
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
なんとこの日の瞬間出力 10.1kWでした。南向き設置 パナソニックHIT233×44枚                                        
屋根上温度(パネル温度)が重要です。 25℃が出力試験の目安温度です。1℃上がる事に出力が0.5%下がるといわれています。太陽光パネルの天敵は高温なのです。
今後も「ご相談会」を定期的にしますので興味のある方はお越しください。
また日にち等はブログにてお知らせします。

弊社では、太陽光以外にもお家のメンテナンス全般ご相談をいただいております。
お家も身体と一緒で定期的な検査が必要です。建てて10年を目安に一度、検査
しませんか。部位によっては初期段階での修理の場合、思った以上に工事費用が
安くすんだ
happy01 困ってからでは、工事費用も予想以上にかかります。手遅れにならないうちに
ご相談下さい。お見積りは無料にて承っております。

   



             
 

記事URL

2013年4月24日 水曜日

ゼンハツ.jpなら 斑鳩の里に太陽光設置

image1  今回ご紹介させていただきます
お客さまは、。三菱212W×16枚 約3.4kWのシステムを提案~設置させていただきました。以前からお家のリフォームをさせていただいておりましてガレージ改装のご依頼から太陽光システムの設置を提案させていただきました。私自身が一番理想的なタイプのお宅ですから余計に
提案に力が入ったからかもcoldsweats01
なぜかと申しますと、通常の場合は(住宅用)は屋根で発電した電気は、お昼間の電気として使用されます。それ以上に発電した電気が管轄の電力会社に売る事ができます。「余剰電力買取制度」ところが、今回の車庫は単独の電気契約をされてます。すなわちほとんどの電気を売る事が出来るnoteflairnote理想的なお宅でした。いろんな場所に設置できるのが魅力の商品なので・・・弊社では太陽光以外の提案もさせていただいております。お客さまの快適な暮らしのアドバイザーとしてお気軽に、ご相談ください。 大坪happy01








 
image2image3

記事URL

2013年4月 6日 土曜日

ゼンハツ.jp木津川市Sさま 邸

太陽光設置工事も本日で完成の予定です。お客さまの希望で太陽光パネルの前で camera 
happy01bleahsun屋根に設置してしまうと、もう触る機会もないし・・・・flairこのパネルが家庭の電気を供給します。今日から発電所になりました。  弊社では、工事後からがお客様との本当のお付き合いだと思ってます。
お客さまがパートナーとして「すぎもと」を選んでいただいた事を 良かったと思える店と人を何時も心掛けてます。 よく太陽光はメンテナンス不要と言う事を聞きますが、弊社は定期的なメンテナンスは必要だと
考えております。なぜかというと発電不良は設置されたお客様にとって一番ご迷惑のかかる事だからです。
弊社では、発電モニターによる10年間のデーター管理、1年目から行います電圧テスト等、発電トラブルの
早期発見に心掛けております。 電化製品でしたらコンセントを差すだけで動きますが、太陽光設備は住宅設備の為、工事が必要になります。太陽光発電の寿命を短くするのも長くするのも工事次第です。価格も大事ですが、販売店/工事店選びはもっと大事なポイントです。

記事URL

2013年4月 6日 土曜日

ゼンハツ.jp

 今回の太陽光工事の注目点は屋根材に穴をあけない取付方法「キャッチ工法」通常のパネルを固定する金具の約倍の金具を
使用しています。多くの箇所で荷重を分散する為、屋根材への負担も少なくてすみます。縦葺きの屋根の他、横葺きや横葺きの
断熱材入りもOKです。※屋根材はセキノ興産の指定品のかぎります。工事店も責任施工の為、万が一の補償も大丈夫です。
何千棟の実績を安心にかえて取り組んでますので、大事な屋根への太陽光設置工事も安心です。この他、すぎもとでは、お客様の屋根に合ったプロと合同で工事を進めてまいりますのでまかせて安心です。

 


 

記事URL

2013年4月 5日 金曜日

ゼンハツ.jp屋根工事完成

flair前回の木津川市のSさまの続きです。
まず注目は青色のシート材です。よく見ると「ゴムアスルーフィング」と書いてます。
sun簡単に説明すると防水シートです。いろいろな種類があり何が違うの?思いますよね。 このシートの下は、屋根下地があります。通常「合板」という木製の板が
敷き詰めてます。この合板下地にぴったり貼り付く自着性を
持ち伸縮性にも優れています。屋根の上はいろんな悪条件が考えられますので防水シートの良し悪しが屋根の寿命を決めると言われています。
特にリフォームの屋根工事はほとんどが
この材質の防水シートが使用されます。
eyeところが、材料費が高い為、安価な防水シートを使用する工事店もありますので
注意ください。前回のブログにふれましたが、太陽光設置・勾配の緩さを考え金属屋根の縦葺きを採用しました。なぜかと言うと勾配が緩い為、水の流れがよい金属製の縦葺きが一番、適してると考えました。それ以上に注目する理由は太陽光を設置するのに屋根材に穴をあけない取付方法があるからです。※セキノ興産のキャッチ工法です。詳しくは、次回の太陽光設置工事で、ご案内しますのでみてくださいねhappy01


 

image1
 
image3

記事URL