スタッフBlog

2017年6月 9日 金曜日

つぼちゃんブログ

今回は、ご家庭でも出来る簡単診断を、ご紹介します。外壁の素材は、どんな素材でも大丈夫です。写真はサイディングボードです。外壁の診断で、一番肝心なのが「撥水性」雨水が外壁材の中に染み込むか、弾くかの診断です。霧吹きに水道水を入れ、出来れば日の当たる面shinesunshine(南・西面等)にたっぷり水を吹き付けます。外壁材に染み込むようなら撥水性が低下して水が外壁素材の内部に吸水していると判断されますのでhousesweat01sweat01早急の表面への撥水保護が必要になります。一般的には防水塗装が効果的です。houseshine外壁材に水が吸水しますと内部で膨張したり温度が上昇しますと収縮しますsign03 これが外壁の割れや反りの一番の原因と言われています。