スタッフBlog

2017年5月12日 金曜日

つぼちゃんブログ

この写真をよく見ますと、重なり部分に沢山の塗膜の破片が見えます。弊社で屋根診断を実施した際の写真になります。本来この重なり部分には、水が抜ける隙間が必ず必要になります。上の瓦から流れた水は、瓦の縦継ぎ目から入り、下の重なり部分から抜ける仕組みになっています。わかりやすくいいますと、重なりの隙間からでる水を塗膜で塞いでる状態になります。このような状態になりますと、内部で雨水が逆流して瓦を固定しています釘穴⇒木下地⇒屋根裏⇒屋根裏の断熱材に染み込むようになります。このような状態になる要因は塗装工事中の施工ミスが原因と考えられてます。当然、知らないままに職人さんは、一生懸命flair施工をしていますので、依頼した方も雨漏れになるまで気づきませんsweat01sweat01塗料や屋根の種類により施工方法がかわるのが、現在の施工なのですが、その施工に対応できていない工事店もありますので、国家資格であります。shine一級塗装技能士sign03が在籍するお店に依頼する事が一番です。なんと塗装工事は無資格で営業できる工事なのですcoldsweats02