スタッフBlog

2017年4月 7日 金曜日

つぼちゃんブログ

 
 

 

前回の続きですが、窯業系サイデイングボードには、縦の継ぎ目にゴム状の部分があります。名称(シーリング目地)なぜあるのかですが、外壁は内部の環境や外部の環境により伸縮したり動いたりしますsign02 不思議ですよね。モルタル壁は、ひび割れとして表面に出てきますが、サイディングの場合は目地部分にでます。当初は弾力性もあり外壁の動きに追随しますが
紫外線劣化で徐々に硬化を始めます。sweat01硬化する原因にシーリングに含まれています。可塑剤(伸縮するのに必要な成分)例えば輪ゴムとかですが、紫外線に当たると固くなってきます。これがシーリングの亀裂の主な原因です。目安としては、表面をみて亀裂がなくても固くないか、虫眼鏡があれば表面を見てください。細かいひび割れがあれば注意です。塗装の際に交換をされる場合がよいですね。シーリングの劣化は外壁の変形を起こす大きな原因になりますので、次回に詳しくおはなししますhouse