スタッフBlog

2017年3月10日 金曜日

つぼちゃんブログ

前回の続きですが、建物内部には、建物を支える下地が入ってます。例えば、木造住宅でしたら、木の柱や木製の板など鉄骨住宅でしたら鉄骨柱、特に木造の建物は室内外の環境により伸縮をしますので、外壁や内壁も追随して割れてきます、、、coldsweats02モルタル等の外壁は、建物の角や大きなサッシ付近が、ひび割れやすくなりますし、サイデイングは目地部分のシーリングが裂けてきますsweat01ところがひび割れから入った水は内壁には、滅多に出てきません。何故かsign02内部の断熱材に溜まってしまうからです。、、、ご想像どおり水が腐りカビ等が中で繁殖します。一番大事な下地を腐らせたり、錆びさせる事につながりますので。ひび割れは放置せずに専門の業者に調査依頼を是非ともおすすめします。写真のひび割れは、横ひびです。幅1㎜で長さ1mで4時間、雨が降ると、約2ℓの水が内部に入ります。それだけの水が入ると、大変ですよね。一度、外壁を見てひび割れがあれば、幅と長さを測定ください。建物の傷みは、人間のように自然に治りませんので、houseお住いの方が定期的に確認するように下ください。happy01