スタッフBlog

2013年4月 5日 金曜日

ゼンハツ.jp屋根工事完成

flair前回の木津川市のSさまの続きです。
まず注目は青色のシート材です。よく見ると「ゴムアスルーフィング」と書いてます。
sun簡単に説明すると防水シートです。いろいろな種類があり何が違うの?思いますよね。 このシートの下は、屋根下地があります。通常「合板」という木製の板が
敷き詰めてます。この合板下地にぴったり貼り付く自着性を
持ち伸縮性にも優れています。屋根の上はいろんな悪条件が考えられますので防水シートの良し悪しが屋根の寿命を決めると言われています。
特にリフォームの屋根工事はほとんどが
この材質の防水シートが使用されます。
eyeところが、材料費が高い為、安価な防水シートを使用する工事店もありますので
注意ください。前回のブログにふれましたが、太陽光設置・勾配の緩さを考え金属屋根の縦葺きを採用しました。なぜかと言うと勾配が緩い為、水の流れがよい金属製の縦葺きが一番、適してると考えました。それ以上に注目する理由は太陽光を設置するのに屋根材に穴をあけない取付方法があるからです。※セキノ興産のキャッチ工法です。詳しくは、次回の太陽光設置工事で、ご案内しますのでみてくださいねhappy01


 

image1
 
image3